DIY

DIY 剥がれないアイカ木口テープの貼り方

DIYで作る収納の棚板などの化粧パネルの木口に貼るテープの貼り方を熟練家具職人が解説しています。

DIY 剥がれないアイカ木口テープの貼り方【白や木目やシナテープ】熟練家具職人が解説

DIY 剥がれないアイカ木口テープの貼り方【白や木目やシナテープ】熟練家具職人が解説

アイカフレキエッジバンド(ダップ樹脂粘着テープ)(強化プリント粘着テープ)やアイカ純木突板粘着テープ、ファンシーロール天然銘木テープ等の裏面の剥離紙を剥がすと粘着剤が付いている手貼り用木口材の貼り方です。

テープとは言いますがビニールテープのように薄い物ではありません。

木口テープの厚みは0.25mm~0.3mmあります。

アイカフレキの場合の木口テープサイズ 規格の長さは50m~100m巻き 継ぎ目が50m巻きで一回以上、100m巻きで二回以上入る場合があります。

規格幅は20mmから数種類あります。

幅10mm~450㎜までの1mm単位で特注カットの依頼もできます。 貼る面の幅より少し大きめを貼ってから出っ張り部分をテープカッターでトリミングします。

木口テープの接着面は接着を阻害するほこりや油分、汚れを取り除き表面を平らにしてから貼ってください。

滑らかで平らな面が接着強度を高める秘訣ですから窪み等の空洞部分はパテ処理してください。

貼る面の含水率は8~10%の部材が最適です。

市販の各種ランバーコア合板、各種合板、パーティクルボード、MDF材等は特に湿気のある場所に保管していなければ含水率については大丈夫でしょう。

木口テープを貼る面に化粧板専用接着剤のアイカ工業製ゴム系速乾接着剤を刷毛で薄くのばして塗ります。

チューブ入りの速乾は粘度が高くて薄く滑らかに塗りのばすことができません。

木口テープを美しく貼って仕上げるためにはハケ塗用缶入り速乾接着剤が適しています。

木口テープには裏面に粘着テープが付いていますが、テープだけで貼ると初めは付きますが、温度や湿度の変化、基材の収縮等により時間が経過すると部分的に浮いたり、剥離してきます。

貼る面に速乾接着剤を塗ってから貼り合わせるのが長持ちさせる秘訣です。

粘着剤付き木口テープ貼り作業に速乾接着剤を塗る事(プライマー処理)は化粧板を扱うオーダー家具業業界では常識です。
新築建物の現場監督の中には造り付け家具製作の打ち合わせ時に、手貼りの木口テープを使用する場合は必ず速乾接着剤を塗るように念を押される事があるような重要な作業です。建築業者の現場管理者は完成後も長年に渡りメンテナンスで点検しますから木口テープの剥離現象をよく理解しています。

特に天然木の木口テープで貼り合わせ後に塗装仕上げをする場合、接着材を塗らないで貼ると直ぐに剥離する場合があります。

ゴム系速乾接着剤は塗りたてでは接着できません。

塗ってから5~10分乾燥させて指で触って接着剤が付かなくなってから貼りましょう。

貼り合わせ後、ゴムローラーや金属ローラー、布等で強く押さえて圧着します。

木口テープのはみ出た部分はテープカッターで取り除き、長さ方向にはみ出したテープもテープカッターで切る事もできますが切り終わりのテープの角が欠ける事がありますからきれいに切るにはカッターナイフがいいでしょう。

最後に軽くペーパー(220番位以上の細かい目)で軽く仕上げると滑らかで手触りがよくなります。
目が粗いペーパーを使用すると手触りが悪くなります

ペーパー研磨作業は削り過ぎると下地材が露出して見苦しくなりますから削り過ぎに注意してください。

表面に付着した接着剤は速乾接着剤ふき取りシンナーがあるときれいに取り除くことができます。

また、開封後長期保管した接着剤は粘りがあって塗りにくいですから速乾接着剤薄め用シンナーで薄めると塗りやすくなります。

木口テープには粘着剤が付いていますから速乾接着剤の粘度が薄かったり、塗った後長時間放置しての表面が乾きすぎても大丈夫です。

下記の動画の内容は、ラワンランバーコア合板側面にアイカ工業のHWSカラーシステムフレキ粘着剤付き木口化粧材の白を貼り付ける作業風景です。

白や黒、木目柄等々の種類が豊富なアイカ工業の木口テープ(木口化粧材)のアドレス
http://www.aica.co.jp/products/veneer/koguchi/specification.html

アイカゴム系速乾接着剤 RQ-V1
アイカゴム系速乾接着剤専用ふき取りシンナー RT-84
アイカゴム系速乾接着剤専用薄めシンナー  RT-91
http://www.aica.co.jp/products/catalog/n-veneer/specialty_adhesive/index_h5.html#8

アイカ工業のゴム系速乾接着剤RQ-V1は、木口テープ貼り付け下地処理以外に化粧合板やメラミン化粧板等の木質系素材の接着に使用できます。

シナテープ等の天然銘木テープのファンシーロール
https://www.nf-m.co.jp/

関連参考情報
木口テープでは表面が強度不足と思われる方は高耐摩耗性能が特長の薄物木口化粧材のアイカメラエッジがあります。 ただし、メラエッジはメラミン化粧板ですからとても硬くてテープカッターでのトリミングはできません。専用電動工具が必要です。
http://www.aica.co.jp/products/veneer/koguchi/mela-edge/index.html

-DIY

© 2021 弘形工芸ブログ Powered by AFFINGER5